自分の行きたいところに行ける

人と旅行をする上で、どこに行くかというのは必ず話題にあがります。何人で行くのか、どんなつながりの人と行くのか、そのときの条件によって行動のしかたも変わってきますよね。旅先で行きたいところがあったとしても、気を遣って行きたいと言えなかったり、勇気を出して言ってみても時間や地理的な関係で行けなかったり。 ひとり旅であるならそんな悲しい思いをすることもありません。なにせひとりなわけですから、行きたいところも好きに選べるのです。ひとりで行動することに慣れている人はもちろん、ふだん連れ添いに予定を組んでもらうタイプの人も、ひとり旅をすることで自分の力だけでものごとを決めていく楽しさを体感することができます。

あぶなくない宿の選び方

女ひとりで動くとなると、まず心配になるのが宿泊施設。ただでさえ見知らぬ土地では夜道を歩くのも怖いもの。暗く細い路地をいくつも通ってやっとたどりついたと思ったら、いかにも怪しげな建物が今夜の宿でした・・・なんてことは避けたいですよね。 宿を選ぶさいに欠かせないのが下調べ。そのなかでも、女ひとりでも安心して泊まれ、なおかつひとり旅のみりょくの一つである低予算を実現させる宿を探すにはちょっとしたコツがあります。 まず、女性限定の宿を選んでしまうのです。女性限定?宿の制約に男性も女性もあるの?と思われるかもしれませんが、実際に探してみると少なくない件数が見つかるはずです。この手の宿は海外を渡り歩くバックパッカーをターゲットにしたもので、部屋の狭さのかわりにかなりの低予算で泊まらせてくれるのです。ぜひ一度探してみてはいかがでしょうか?